ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 佐川からの養老天命反転地 | main | 御礼 >>
2013.08.18 Sunday

多治見からの寝込みお盆

 ※お時間のある方は『工房離脱からの〜』の回からお読み頂けるとそこそこ流れがわかると思います

いよいよ最終回。

夏合宿中の女子中学生吹奏楽部と同じ宿で一夜を過ごし、最後の目的地多治見へ。

まずは【多治見市美濃焼ミュージアム】。

http://www.tajimi-bunka.or.jp/minoyaki_museum/




現在国内最大の陶産地である美濃の歴史をはじめて体系的に勉強できました。



続いてすぐ近くにある【岐阜県現代陶芸美術館】へ。

http://www.cpm-gifu.jp/museum/01.top/index1.html



天井に陶片がたくさん貼り付けられた通路。



想像以上に立派な施設でビツクリ。

奥の建物で『アートのドキドキ展』が行われていました。

陶芸作家以外が作り上げた陶作品や、海外のアーティストによる作品がたくさん展示されていましたが、

個人的には八木一夫の作品をたくさん見ることができて嬉しかった。

秋山陽さんのわっかと福岡道雄さんの波もよかった。

その後、多治見といえばの【ギャラリーVOICE】に立ち寄って、 http://g-voice.chu.jp/



さらにちょこっとだけ足を伸ばして【ギャルリももぐさ】へ。

http://www.momogusa.com/





なかなか素敵な空間でした。安藤雅信さんの器は何気に実物を見たことがなかったので、フムフムナルホドと

見学させてもらいました。

そしてそしていよいよクライマックス。出発前に多治見のことを相談した佐藤さんから「うなぎ食べなきゃね」という情報を

仕入れていたので、あわてて調べて辿り着いたのがここ。



【うな千】
http://tabelog.com/gifu/A2103/A210301/21001486/

焼き方はパリパリの関西風。

うまし!!

僕は蒸さずにパリパリ感が際立つ関西風のほうがご飯が進みますね。

贅沢言えばうな丼は関西風で、うな重と白焼きは関東風で頂きたいものです。頂きたいものです。。。



さて、ようやくボスキャラを倒して感動のエンディングを迎えた8月遠征。

ところが、ギリギリまで仕事してそのままかなりの強行軍でうろうろしたことが仇となったのか、この後東京へ帰還後に見事高熱を発症・・・

そのまま帰省した山梨の実家でも今度は原因不明の腹痛で完全な寝正月ならぬ寝こみお盆となってしまう、なんて顛末は

ニコニコしながらうなぎをほおばっている時の僕は知る由もなかったのでした。。。

おわり


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album