ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< MIHOからの陶芸の森 信楽あたり | main | 多治見からの寝込みお盆 >>
2013.08.18 Sunday

佐川からの養老天命反転地

※お時間のある方は『工房離脱からの〜』の回からお読み頂けるとそこそこ流れがわかると思います

さてさて遠征はまだまだ続きます。

この日は琵琶湖まで足を伸ばして【佐川美術館】へ。

http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/

名前の通り佐川急便が母体の美術館です。建物とそれを取り巻く水辺のデザインが素晴らしい。







ここも京都時代に来たことはあるのですが、今回のお目当てはそのときにまだ完成していなかった樂吉左衞門館。

これまたオサレな展示室内で贅沢にスペースを使って飾られていた御茶碗達。

来館者が少なかったこともあり、ゆっくりゆっくりなめるように見ることができました。


それから名神を一路東へ飛ばしまして、今回の遠征の裏本命、【養老天命反転地】へ。

http://www.yoro-park.com/modules/docs/index.php?cat_id=2



岐阜県養老郡にある養老公園の中の体験型庭園です。

ここを作った世界的に有名なアーティスト荒川修作の本を読んで以来、一度来てみたいと強く思っていた場所でした。

どんな場所かは事前にある程度予習してありましたが、、、



じぇ



じぇじぇ・・・



じぇじぇじぇ・・・



じぇじぇじぇじぇ



じぇじぇじぇじぇじぇーー!、手ごわすぎる。。。そして、暑すぎる・・・。この日の気温38℃。

傾斜の激しい奇奇怪怪な園内を歩き回っているだけで服もパンツもビショビショです。。。しかも閉園時間間際に入ってしまったため、

園内には僕一人だけ。しばらくすると入り口のほうから係りのおじさんが「そろそろにこっちへ戻ってきてねー」と

拡声器でチャチャを入れてきます。ああ、もう少しで、もう少しで天命が反転しそうなのに・・ああああー、あ?

いや、ただ暑過ぎて頭が熱中症気味である意味反転しそうだったのかも。

この場所とシンクロするには時期が悪かったのと時間が足りなさ過ぎました。。要リベンジです。

最終回へつづく

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album