ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お祝い | main | 第1回 陶美展 >>
2013.04.27 Saturday

ゴールデン初日

今日から幕張では超会議ですね。ハゥッ、ニコニコ超行きたい。。

が、僕には引き出物超会議があるのでこんなお出かけ日和の天気でもインのDoorで粘のDo真っ最中。

そんなゴールデン初日に、世間の楽しいゴールデン具合から必死に目を逸らすべくあえて2週間ほど前に見た映画について。

見てきたのはこれ。



そう、すきやばし二郎さんのドキュメンタリー映画、『二郎は鮨の夢を見る』。

もちろんまだ敷居をまたいだことがないお店の中の様子や二郎さんの仕事中の動きを映像で見られてよかったですけど、

正直、映画的には「うーむ」という感想でした。

映画の中身は二郎さん本人というよりも長男である禎一さん、次男の隆士さんという2人の息子さんの苦悩や葛藤を中心に描いていて、

そこに中途半端にマグロの個体数減少や築地で出るゴミ問題なんかの環境問題系の話題も挟まれ、さらに主題がぼやける感じ。

もっと二郎さん本人の話や仕事ぶりが見たかった。というか、タイトルからそういう映画を勝手に期待してしまっていました。

そもそも撮影中にご本人がそこまでしゃべってくれてなかったのかもしれないですね。

撮影が許されただけでもよしとするべきか。

映画を見る限り二郎さんが追求してきた技術や素材を見る目は息子さんたちにしっかり受け継がれているようでした。

今からお店に行けたとしても二郎さん本人に握ってもらうことはできないですが、でもやっぱり二郎さんが現役のときに

その握りっぷりを遠くからでもいいから生でみてみたいものです。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album