ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< なでしこPV観戦記 | main | 日本伝統工芸展に入選しました >>
2012.08.19 Sunday

僕の夏休み

残暑お見舞い申し上げます。夏季休暇真っ只中のユキガマです。

お盆は山梨の実家に帰省していましたが、おととい東京へ戻ってきまして、暑い暑い工房で熱い熱い窯を焚いております。

そんなアツアツ夏季休暇中の今日、京王線で一大イベントがあったのを皆さんご存知ですか?

興味のある人はあるけど、興味の無い人はまったく無いイベント、そう、調布駅の地下化工事です!!

正確には、国領・布田・調布駅の3つの駅が同時に地下化されて18箇所の踏切がなくなってしまい、

さらに相模原線と本線の平面交差がなくなることで調布駅での待ち合わせ時間が大幅に短縮される

というスペシャル工事なのです!!!しかも地下化は一晩で一気にやっちゃうというアグレッシブなスケジュール。

これは見に行かないわけにはいきません。工事があらかた終わった今朝8:30ごろに見に行ってきました。



昨日まで普通に使われていた調布駅。線路上には重機がたくさん置かれています。

この真下にもう一つの駅ができているなんて、なんだか不思議な感じです。



地下はこんな感じ。上り下りで地下2階建て構造です。こんなのよく掘るよねー



もう鳴ることがない踏切には黒いビニールで覆いがされていました。廃線って、なんだかセツナイ雰囲気なんですよね。



踏切には線路に進入できないような柵が設けられています。

しばらく西調布方面に歩いていくと



線路が地下へもぐる入り口が近づいてきました!

ここは線路の上に鉄骨のやぐらを組んで、今までの線路を上に持ち上げている場所。



どうですか!すごいでしょ!頭が沸くでしょ!興味の無い人はぜんぜん楽しくないでしょ!!



これが地下化された調布駅に線路がもぐる入り口です。入り口の上の屋根みたいになっているところが

昨日まで使っていた古い線路の基礎です。ダイナミックな工法ですねー



現場で興奮して写真を撮っていると、ちょうど試運転の電車が通過。沸き立つ鉄っちゃん達。



その脇で静かに電車を見送る作業員の皆さん。夜なべお疲れ様でした。雨降らなくてよかったね。



実際に地下化されたルートを電車に乗って通るのも楽しみですし、地上の駅や線路が完全に撤去された後の土地が

どうなるのかも楽しみですね。

以上、僕の夏休みの1コマでした!

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album